Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

建築・インテリア

時を越えて愛されるイームズチェア!置くだけで空間がランクアップ!

こんにちは、upuです!

今回は時を越えて世界で愛され続ける椅子、イームズチェアについてご紹介していこうと思います!

椅子はどんなものを選ぶかで空間の雰囲気が本当に変わってきますよね。何脚かご購入される方の方が多いでしょうし、家具選びで力を入れるアイテムのうちの一つかと思います!見た目はもちろん、座り心地にも拘りたいですよね。毎日使うものだからこそ、じっくり検討してとびきりお気に入りのものを迎えたいものです。

イームズチェアは家具が大好きな私がずっと憧れ続け、若かりし頃ドキドキしながらインテリアショップで購入した思い出の椅子でもあります(笑)

部屋に置いた時に空間が一気にランクアップした上に、座った時の心地良さが想像以上で感動したことを今でも覚えています!(笑)

では、ご紹介していこうと思いま!

もしかしたら、名前は知らないけどこの椅子の形は見たことがある!という方がいるかもしれませんね。

この椅子が誕生したのはなんと1950年代!既に70年近くも前なのです。デザイナーであるチャールズ&レイ・イームズ夫妻のラストネームである『イームズ』をとってイームズチェアを名付けられ、沢山の人に愛されてきました。

古さを全く感じさせないデザインですよね!名作家具と呼ばれているのも納得です。イームズ夫妻は元々は建築家で、他にも多くの名作家具や建築を生み出しています。

建築家が家具まで設計することって結構多いんです。

1950年代当時のアメリカではミッドセンチュリーと言われるテイストがトレンドで、ブラックやブラウンなどオーソドックス色に加え、ブルー、レッドといった鮮やかなカラーを使ったポップな家具が多く作られました。

イームズチェアは同じ形と色味のものをダイニングテーブルに数脚並べてももちろん素敵ですが、敢えて脚の形やカラーの違ったものを並べるのも個性が出て良いですね。

 

どんな空間にも溶け込みやすいデザインなので、食卓の他にも勉強机や書斎といった多くの場所で使われているのも特徴です。

書斎には少しシックなカラーを、子供部屋には元気が出るような色味のイームズチェアを置いて色のバリエーションを楽しむのも良いですよね!

住宅だけに留まらず、カフェや店舗、オフィスでも幅広く設置されています!

世代と場所、用途と人を選ばず見たも良い…まさに万能な椅子ですね!

今回は私が超おすすめするイームズ夫妻のイームズチェアをご紹介していきました!

インテリアの主役に準ずると言っても過言ではない椅子選び、世代を越えて愛される名作のイームズチェアを選択してみてはいかがでしょうか?

ちなみにオリジナルのイームズチェアは中々のお値段ですが、レプリカであればお手頃価格で入手可能です。

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!また次回のupuのマイホーム計画ブログでお会いしましょう!

さようなら~!

こちらの記事もおすすめ!