Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ニュース

水上楓が妊娠させたA子の顔写真名前を特定?女子大生の大学名も

甘いマスクで人気を博しているクイズ番組「東大王」に出演中の水上楓さんが元交際相手の女性を妊娠させ、一人で中絶させていたという衝撃的なニュースが飛び込んできました。

同じく東大生でTVで活躍中の河野玄斗さんも先日女性を妊娠・中絶させたと報じられたばかりですが東大生は大丈夫なのでしょうか…。

今回は水上楓さんが妊娠・中絶させたと言われている元彼女A子さんについてまとめていきたいと思います。

“東大王”水上颯は妊娠していた私に「楽しくない。帰ってくれないか」女子大生恋人が中絶トラブルを告白

「生理が来ないことを伝えた途端、彼の態度は急変しました。王子様みたいに優しかった彼の冷たい言動に耐え切れず、一人で堕胎することを決心しました」

 大きな目から涙を流しながらそう語るのは、都内有名大学に通うA子さん(20代)だ。彼女は、クイズ番組「東大王」(TBS系)で大人気の東大生・水上颯氏(23)と3年にわたって交際してきた。だが今年5月、非常に不本意なかたちで中絶手術を受け、水上氏との子供を堕胎したばかりだという。

 取材班が水上氏のトラブルに関する情報を掴んだのは6月下旬。6月13日発売の「週刊文春」でクイズ番組「最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王」(日本テレビ系)で活躍する、東大医学部生の河野玄斗氏(23)と女性タレントの中絶問題を報じた、わずか1週間後のことだった。交際相手であるA子さんに取材を申し込むと、A子さんは重い口を開いたのだ。

「私の恋人だったのは『東大王』の水上颯君。『頭脳王』の河野玄斗さんと同じく、東大医学部に通っています」(A子さん)

A子さんが水上氏に出会ったのは2016年5月。A子さんが大学1年生、水上氏が大学3年生のときだった。A子さんが明かす。

「性行為のときはいつも『避妊具をつけずにしたい』と言われていたのですが、妊娠するのが怖くてその度に断っていました。その日も途中までは避妊していたのですが、度々求められるのでつい許してしまったんです。最近たくさん会ってくれることが嬉しくて、期待に応えようとしてしまいました」

 数週間後、A子さんは生理が遅れていることに気づいた。すぐに水上氏に電話し、「生理がこない」と伝えたという。

「颯君は『1、2週間後にまだこないようだったら検査してみて。赤ちゃんにもよくないからストレスを溜めないようにね』と言ってくれました。親にも友達にも相談できずに悩んでいたのですが、この人だったら大丈夫だと思った。万が一妊娠していたとしても、産みたいと思えるほど優しい言葉でした」

 しかし、その電話の後から水上氏の態度が急変した。

「まだ妊娠検査薬で結果がわかる時期ではなかったのですが、颯君と早めに直接話をしておきたくて、何度もメッセージを送りました。でもそのたびに忙しいことを理由に《その日は無理だ》と断られ続けました。不安で不安で仕方ありませんでした」

ゲスの極み過ぎて言葉が見つかりませんね…。

これが全て事実だとしたら、TVの爽やかなイメージとかけ離れすぎています。

しかも、文面の雰囲気からしてかなり信ぴょう性が高そうですよね。

それまでは適当に扱っていたのに、河野玄斗氏の妊娠・中絶報道が出た直後に

《そういえば、生理ってあれからあった? ちょっと心配になった》

と慌てて連絡をしてきたというゲスっぷり。自己保身に走っていますね。

ただ、女性もちゃんと断らなかったという落ち度はあります。許してしまって舐められてしまったという経緯も少なからずある気はしますね。

でもその女性の落ち度よりも水上さんの対応の方が断然気になりますが。。

 

こんな問題が発覚して、今後も平然と東大王に出演していく予定なのでしょうか??

知能はすごく高いのはわかりますが、倫理観はまるで無いということがわかりました。

水上楓のプロフィール

「水上颯」の画像検索結果

名前:水上 楓(みずかみ かえで)

生年月日:1995年8月19日

出身地:山梨県

身長:170㎝

高校:開成高校

職業:学生(東大医学部)

妊娠させたA子の顔写真や名前は?

水上さんの彼女は「佐藤さん」という名前の女性で、高校時代の塾仲間であるという噂がかつてありましたが、

A子さんが水上氏に出会ったのは2016年5月。A子さんが大学1年生、水上氏が大学3年生のときだった。A子さんが明かす。

このように話されているのでその情報はデマだったことがわかっています。

顔や名前は公開されていませんでしたが、水上さんが選ぶ女性ということはきっと綺麗な女性なんだろうと思います。

あれだけ頭の回転が早いので、知的な女性が好みだったのではないでしょうか。

A子さんは女子大生で都内の有名大学に在籍しているとのことなので、

早稲田・慶応・上智・MARCH辺りの大学の可能性が高そうです。

A子さんを妊娠・中絶させたことについて

「生理の話をするたびに、彼は話題を変えたり部屋を出ようとしたりするんです。『距離を置いたほうがいいと思う』とも言われました。結局ひとつのベッドで一緒に寝ることになったのですが、そっぽを向いて『触らないで』と言われました」

 思いつめたA子さんに対し、水上氏は最後まで向き合うことはなかった。

「帰り際にはいつもキスとハグをするのが習慣だったのに、『したくないの、わかるでしょ』と初めて断られてしまって……。その瞬間、颯君に捨てられたんだと、目の前が真っ暗になりました。ずっと気付かないフリをしていたけど限界でした。私はその時ひとりぼっちになってしまいました」

孤独と絶望の中、約1週間後に行った妊娠検査の結果は陽性。A子さんはネット検索をし、一刻も早い中絶が母体への負担を最小に抑えられることを知った。

「彼と相談できていれば、もう少し悩んでから決断したかもしれません。でもあの日の冷たい言動が忘れられなくて。こんなこと誰にも相談できません。親が知ったら、心配で倒れてしまうかもしれない。だから、一人で終わらせることにしました」

 A子さんは「パートナーと連絡が取れない」ことを理由に中絶同意書に一人でサインし、堕胎手術を受けた。15万800円の費用は、A子さんが全額負担した。

引用 文春オンライン

読んでいるだけで辛くなる内容ですね。

A子さんは今回の件で一生心に深い傷を負うことになるのではないでしょうか。たった一人で中絶手術を行うなんて孤独過ぎます。

この件に対し、水上さんの所属事務所は

「水上は、2018年初頭から2019年4月までの期間、A子さん(回答書では本名)と交際をしていましたが、同年4月末に、本人同士で真摯に話し合いを行い、お別れすることとなり、現在に至っています。貴編集部からの『質問状』記載の質問の中には、事実無根の記述が含まれており、十分な取材を尽くさぬまま、明確な根拠なく記事を作成・掲載しようとされていると言わざるをえず、極めて遺憾に存じます」

このように回答しています。

これはイメージ悪化の一途を辿りそうですね。

ネットの感想

 

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!