Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

人物

大塚高司の学歴経歴(高校大学)がヤバい!地震後もホステスと酒飲み愛人報道も

6月18日夜10時22分頃、最大震度6強を観測した新潟・山形地震の発生直後、防災担当の国交副大臣・大塚高司衆院議員(54)が、周囲の制止にもかかわらず赤坂の老舗クラブでホステスらと飲み続けていたことが「週刊文春」の取材で分かりました。

非常に不愉快なこのニュースですが、大塚高司氏とはどのような方なのでしょうか。

今回は大塚氏の学歴や経歴(高校・大学)などをまとめていきたいと思います。

大塚高司防災担当副大臣 新潟・山形地震直後もホステスと飲酒疑惑

6月18日夜10時22分頃、最大震度6強を観測した新潟・山形地震。その発生直後、防災担当の国交副大臣・大塚高司衆院議員(54)が、周囲の制止にもかかわらず、赤坂の老舗クラブでホステスらと飲み続けていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

大塚氏がこの日、竹下派の後輩議員3人と訪れたのは、行きつけだという赤坂の老舗クラブ「K」。同席者によれば、大塚氏は芋焼酎「佐藤」の水割りを飲んでいたという。

「地震が発生して、一同テレビに釘付けになり、後輩議員は『国交省に上がった方がいいんじゃないんですか?』と何度も声を掛けていました。ところが、大塚氏は『(行かなくて)大丈夫や』と繰り返すだけで、水割りを飲み続けていたのです」(居合わせた客)

震度6弱以上の地震だったため、対応を「非常体制」としていた国交省。政務三役には、「直ちに登庁できる態勢で付近に待機」することが求められていた。

大塚氏に事実関係を尋ねると、以下のように回答した。

「国会議員どうしの懇親を深めるため、質問にあるとおり『K(回答は実名)』を訪れました。実際には、対策会議が開催され参集する必要が生じる可能性があったため、アルコールを取るのを止め、国交省からも近い距離にある同店で、テレビなどで状況を確認しながら、待機していました。この対応は、適切であったと認識しています」

だが、事態の発覚を恐れたのか、翌19日以降、「俺はあの日、飲んでないよな?」などと周囲に念押ししていたという。

国際医療福祉大学の川上和久教授(政治心理学)はこう指摘する。

「防災担当の政務三役には、『国民の生命・財産を24時間365日守り抜くんだ』という強い覚悟が求められます。(クラブで待機したことは)国民感情としても納得できる説明ではなく、政治家の資質が問われる問題です」

昨年7月の西日本豪雨の際には、西村康稔官房副長官が酒席「赤坂自民亭」の画像をSNSに投稿し、批判を招いたばかり。防災担当の国交副大臣として大塚氏の行動は適切だったのか、議論を呼びそうだ。

6月27日(木)発売の「週刊文春」では、大塚氏の経歴や、大塚氏とKの関係、店内での詳しい様子などについて報じている。

引用 文春オンライン

またか…と世間のため息が聞こえてくるようです。

震度6レベルの地震が起こりながらもホステス達と楽しく酒を飲み続ける…。

「俺はあの日、飲んでないよな?」と翌日周りに念押ししている感じから、自制できない方なんでしょうね。

完全に酒に飲まれてしまっています。

被災した方々は特に不快になるニュースですね。国民のことなど全く心配していない様子が伝わってきます。

大塚高司の学歴経歴(高校大学)は?

「大塚高司」の画像検索結果

引用 https://www.otsuka001.com/profile/

名前:大塚 高司(おおつか たかし)

生年月日:1964年9月11日

年齢:54歳 ※2019年6月時点

出身地:大阪府豊中市

中学:豊中市立第十中学校

高校:早稲田摂陵高等学校

大学:追手門学院大学経済学部

前職:議員秘書

現職:国土交通副大臣/衆議院議員

大塚 高司のプロフィール(~大塚高司ホームページより~)

大阪府豊中市出身。大学卒業後、すぐに国会議員の秘書として16年間務めながら政治の世界を奔走し、第44回衆議院銀選挙に周囲の勧めもあって出馬し初当選しました。

以降第46回及び47回衆議院銀選挙に連続当選し、現在は衆議院議院運営員会理事、国土交通委員会委員、自民党国会対策委員会副委員長など、様々な任務に尽力しています。

東京五輪に向けて整備中の大阪国際空港に再び国際線を飛ばし、観光客を多く迎え入れての地元活性化や日本の未来を支える若者や女性の就業支援少子高齢化社会が抱える課題解決に全力を注いでいます。

引用 https://www.otsuka001.com/profile/

大塚氏は大阪府豊中市出身の54歳で、高校・大学と地元大阪の学校を卒業しています。

高校は摂陵高等学校(現早稲田摂陵高等学校)を卒業しています。

早稲田摂陵高等学校の偏差値=53-63

 

大学は追手門学院大学経済学部を卒業しています。

追手門学院大学経済学部の偏差値=42.5

追手門学院大学と言えば、先日職員の講習で外部講師が「腐ったミカンは要らない」と発言したことが話題になっていた大学ですね。

https://upu0.info/news/ottemongakuin/

かなりヤバいパワハラ講師を招き入れる大学というイメージがついてしまいました。

TVの印象からも大塚氏は特に知的なイメージを感じませんでしたが、学歴も高学歴というわけではなかったですね。

高校は早稲田大学の付属高校に通っていたようですが、大学でちょっと失速してしまった感じでしょうか。

国土交通副大臣というポストから、勝手に高学歴かと思っていましたがそうではないんですね。

加えて人格も伴っていないのに何故この人が国土交通副大臣??とも思いますが、沢山の人に政治家の道は開かれてしまっているということでしょうか。

大塚氏は2005年の第44回衆議院議員総選挙に初当選し、2014年には第2次安倍改造内閣で国土交通大臣政務官に任命、内閣府大臣政務官にも任命されています。

2018年10月の第4次安倍改造内閣で国土交通副大臣に就任しています。

就任してそれ程多くの時間が経っていなかったんですね。

大塚高司の経歴がヤバい!過去には元愛人から訴えられていた

 

大塚氏は2013年に当時愛人だった女性に訴えられています。

女性は大塚氏の暴力でケガを負い、警察が書類送検する騒ぎになりました。

かなりヤバい人じゃないですか??女に手を上げるなんて最低です。

しかもその女性は阪・北新地のクラブで8月までホステスだった切れ長の目が印象的な長身の美人A子さん(41)ということで、どんだけホステス好きなんだよって話ですね(笑)

なんでもマンションで二人は口論となり、大塚氏は「見事なまでにぶん殴った」と自民党関係者の中で言われています。殴られたA子さんは軽傷を負ったそうです。

最終的に大阪地検は大塚氏を不起訴処分にし、大塚氏はA子さんに300万円を渡して終了したものの大塚氏からは謝罪の言葉が一切なかったそうで、どんな人間かが伺えますね。

私たちの血税がそんなことに使われているなんて嫌で嫌でたまりません。

…というかその騒動があったのに何故今も議員を続けられているのか謎です。

あわせて読みたい
大塚高司の家族構成は?嫁(妻)や子供の顔画像や年齢もチェック!6月18日夜10時22分頃、最大震度6強を観測した新潟・山形地震の発生直後、防災担当の国交副大臣・大塚高司衆院議員(54)が、周囲の制止...

ネットの感想

 

 

こちらの記事もおすすめ!